新型コロナ治療薬「ソトロビマブ」承認申請

国際・海外


イギリスの製薬会社グラクソ・スミスクライン(GSK)は、新型コロナウイルスの治療薬「ソトロビマブ」の承認申請をした。

今回申請された「ソトロビマブ」は、コロナウイルスが体内に侵入することを防ぐ抗体薬で、軽症から中等症の患者向けに、点滴投与される治療薬。

海外で行われた臨床試験(治験)では、重症化や死亡の確率がおよそ80%低下したというデータもあり、アメリカでは緊急使用許可がすでに下りている。

短期間での審査となる「特例承認」の適用を目指していて、承認されれば、新型コロナの治療薬としては、5つ目の治療薬になる。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース