ワクチン接種者の隔離免除など求める 経団連が首相に提言


経団連は、ワクチン接種者に対する日本への帰国や、入国後の隔離措置の免除などを求める提言を菅首相に手渡した。

経団連が菅首相に手渡した提言では、日本への帰国や入国後の隔離期間を、現在の14日から最長でも10日に短縮し、ワクチン接種者に対しては、隔離措置の免除を早急に検討すべきとしている。

また、新型コロナウイルスについて、重症化率などの低下を前提に、一般の病院やクリニックでも診療可能にするほか、抗原簡易キットを薬局などでも販売できるよう求めている。

経団連は、「社会経済活動の再開時に向け、準備を今から始めることが重要」としている。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース