「負ければ終わり」石破氏総裁選出馬どうする? 石破派内に慎重論も


自民党の総裁選は、複数の候補者が出馬に意欲を示す「乱戦」模様。

態度を明らかにしていない石破元幹事長は出馬に踏み切るのか、最新情勢について、フジテレビ政治部・大家璃子記者が中継でお伝えする。

党内から「衆院選の顔になる」と期待の声も出ている石破氏だが、石破派の中には、出馬への慎重論も出ており、出馬に踏み切るのかどうか、現在、派閥の議員と対応を協議している。

石破氏は、6日夜のBS番組で、「推薦人20人のめどはついている」とする一方、石破派の中には、河野規制改革担当相を支援すべきだと言う人もいると明らかにした。

立候補について、「白紙」と言い続けている石破氏だが、石破派の中には、「出てこそ存在感を維持できる」との声もある一方、過去4回の総裁選ですべて破れていることから、「負ければ終わりだ」との慎重な見方もある。

河野大臣が出馬することで「票が割れる」ことから、今回は河野氏を支持し、「河野・石破連合」を作ることも模索しているとみられる。

関係者によると、現在行われている石破派の会合では、出馬について、「多数決はとらない」ということだが、出馬の判断に大きな影響を与えるとみられる。

(FNNプライムオンライン9月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース