コロナ感染者減少傾向も専門家は警鐘「人流減っておらず実態反映していない可能性」


6日は東京都で、感染者数が1カ月半ぶりに1,000人を下回るなど、全国的に減少傾向が見られる。

しかし専門家は、この状況に「安心するのは早い」と警鐘を鳴らしている。

FNNがまとめた全国の感染者数を見ると、8月20日に2万5,800人を超えたが、その後徐々に減少し、6日は1万人を下回った。

お盆や夏休みが終わり、社会活動が再開したが、感染者数が減っていることに対して、実態が反映された数字なのか、専門家からは疑問の声も上がっている。

国際医療福祉大学・松本哲哉主任教授「人流そのものが変わっていないのに、感染者数だけが減るのは矛盾していますので、実態を反映している数なのかどうか」

そのため松本教授は、安心できるような状況ではないと指摘する。

国際医療福祉大学・松本主任教授「(ワクチンを)打ちたくても打てない人が、まだまだたくさんいるわけです。20~50代の人たちですよね。広く接種率を高めることが今後の鍵」

また政府も、引き続き医療の逼迫(ひっぱく)は解消されていないなどとして、首都圏を中心に緊急事態宣言を延長する方向で検討している。

国際医療福祉大学・松本主任教授「(東京都の感染者数について)政府が示す500人というのは、それでも高い。100人、200人レベルぐらいまで減れば、確実に医療提供体制を改善する方向に向かうだろう」

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ

(FNNプライムオンライン9月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース