タリバン 暫定政権の閣僚を発表 融和姿勢も女性含まれず

国際・海外


アフガニスタンで実権を掌握した武装勢力タリバンが、暫定政権の閣僚を発表した。

女性は含まれていない。

7日に発表されたタリバンの閣僚は、首相代行に最高指導者の側近アフンド師が、国内の治安を担当する内相代行には、アメリカのFBI(連邦捜査局)が指名手配しているハッカニ氏が就任した。

これまで、融和的な姿勢を見せてきたタリバンだが、女性は含まれなかった。

一方、カタールを訪問しているアメリカのブリンケン国務長官は会見で、アフガニスタンからの退避を希望する人は、有効な書類があれば自由に退避できることをタリバン側があらためて認めたと明らかにし、「約束を守らせる」と強調した。

タリバンはカタールに政治事務所を開設していて、日本政府も政府代表を派遣し、大使館で働いていたアフガン人職員らの出国に向け、タリバン側と交渉するとみられる。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース