注目の河野氏 出馬会見いつに? 麻生派まとまらず...最大限の支援得られるか


混戦模様の自民党総裁選は、世論調査でも人気の高い河野規制改革相の動向が大きな焦点となっている。
 
週内の出馬表明に向けた最新の情勢について、国会記者会館からフジテレビ政治部・杉山和希記者が中継でお伝えする。
 
出馬に向けて河野氏が今、力を注いでいるのが、所属する麻生派の協力を最大限得ること。
 
河野氏は麻生派のトップ・麻生副総理兼財務相のほか、協力に慎重姿勢の派閥幹部の理解を広げたうえで出馬にこぎ着けたい考え。
 
河野氏が6日と7日に、2日連続で麻生大臣の元を訪れたのは、所属する麻生派の対応が河野氏支持でまとまり切れていないためで、麻生氏自身も河野氏を支援するか、ぎりぎりまで見極める姿勢。
 
麻生氏が繰り返し派閥のまとまりの重要性を説明する中、麻生氏は8日、派閥に所属する議員から直接意見を聞くことになった。
 
これについて、麻生派議員の1人は、「河野氏支援で一本化すべきだ」と主張すると話すが、結論が出るには時間がかかる見通し。
 
また、麻生氏と距離がある二階派や石破派の一部に河野氏支援を模索する動きがあることも麻生派の動きを鈍らせていて、仮に派閥よりも先に、河野氏がその支援を受ければ、麻生氏との溝も懸念される。
 
一方で、派閥の意向に重点を置きすぎると「改革のイメージを損なう」との見方もあり、河野氏がそうした現状を乗り越えて出馬にこぎ着けられるかが最大の焦点となる。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース