【独自】自民若手が派閥横断の「改革議連」立ち上げ 総裁選での政策論争求める

政治・外交


自民党総裁選をめぐり、若手議員が「党改革」を訴える派閥横断型の議員連盟を10日に立ち上げることがわかった。

当選3期以下の若手議員が新たに立ち上げる議員連盟「党風一新の会(仮称)」は、今週10日に、オンライン形式で設立総会を開く見通し。

議員連盟は、「特定候補の支持のために集まったものではない」としたうえで、総裁選での徹底した政策論争を求めるほか、総裁選終了後も「党改革のけん引役」として提言を行い、「党運営の間違いを正す存在として行動していく」などとしている。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党