愛知の“密”フェス クラスター18人に 新たに男女4人が感染判明 岐阜でも複数感染


音楽イベントで発生したクラスター、感染者が18人に広がったことがわかった。

8月29日、愛知・常滑市で開かれた「NAMIMONOGATARI」では、8,000人を超える観客が訪れた。

会場は「密」の状態となったうえ、酒が提供されるなど、県が要請していた感染対策がとられていなかった。

県は7日、会場にいた男女14人の感染をクラスターに認定していたが、新たに男女4人の感染が判明し、クラスターが18人に広がったことがわかった。

イベントの参加者をめぐっては、ほかにも県や名古屋市が実施した無料のPCR検査で2人の感染が判明し、岐阜県でも複数の感染者が確認されている。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース