運転免許の写真 何がNG?顔の傾き、目が映っていない…“受理されない”具体例を紹介


運転免許証の写真NGをめぐって、警察の新たな対応が話題となっている。

運転免許証の更新では、警察署や免許センターなどで顔写真を撮影するか、あるいは、場所によっては、写真を持ち込むこともできる。

その持参する写真をめぐって、これまで警察署で受理されず、撮り直しを求められるケースがあった。

写真の条件を見ていくと、さまざまある。

縦3cm、横2.4cm、帽子はかぶっていないこと。

正面を向いていて、背景はなく、3分の1程度が顔、カラーコンタクトもだめという条件がある。

榎並大二郎キャスター「加藤さん、こちらの写真、免許に使うにはNGというわけなんですが、何がだめだと思いますか?」

加藤綾子キャスター「髪の毛、横が切れてる? 切れてはいない?」

榎並キャスター「でも、確かにそこでもありますね。理由がこちらです。顔の範囲が大きいと、アップになっているというところでして、アップすぎても、小さすぎても、ダメであると。ちょっと違いが、自分で持っていくにはわかりづらいと」

基準を明確化してほしいという声が上がっていて、そうしたことから、写真の基準をわかりやすくしようと、警察庁が各都道府県の警察に通達を出した。

それを受けて、警視庁のウェブサイトに掲載されているのが、NG写真の具体例。

例えば、顔を傾けている、中心からずれている、さらには目が隠れてしまっている。

そのほか、目を細めていたり、スナップ写真を用いていたり、顔の一部が隠れてしまっているなど、30パターン以上の具体例が示されている。

身分証明書として使う機会も多い運転免許証だが、写真うつりが気に入らない場合は、免許証の写真を変えることもできるという。

東京都の場合は、条件をクリアした写真2枚と手数料2,250円かかるが、運転免許試験場のみで再交付を受け付けているという。

加藤キャスター「再交付という形だから、ちょっと高く感じますが、でもこんなはずじゃなかったという写りのときあります」

榎並キャスター「3年から5年使いますから、大事な写真ということで皆さんも参考にしてみてください」

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース