“過密”刑務所で火災 41人死亡 「漏電」が原因の可能性

国際・海外


インドネシアの刑務所で、8日に火災が起き、囚人ら少なくとも41人が死亡した。

現地メディアによると、火災は、8日未明に首都・ジャカルタ郊外の刑務所で発生し、囚人ら少なくとも41人が死亡し、80人が重軽傷を負った。

原因は調査中だが、漏電による可能性があるという。

この刑務所では、収容能力およそ1,200人に対して、2,000人以上の受刑者が収容されていて、火災のあった区画も、薬物事件の受刑者で過密状態になっていたという。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース