「意識がなかった時もあった」 GACKTさん(48)活動休止 神経系疾患から“命の危機” 重度の発声障害も

文化


体調不良のため、無期限の活動休止を発表した歌手のGACKTさん(48)。

神経系の疾患で、一時は命にかかわる状態になっていたことがわかった。

所属事務所リリース「GACKTの活動を無期限休止とさせていただきます」

8日朝、歌手で俳優のGACKTさんの日本のエージェント事務所が、無期限の活動休止を発表した。

GACKTさんは、8月6日に帰国後、「体調が悪い」と事務所に連絡。
しばらくして、容体が急変したという。

幼少期から患っていた神経系の疾患がきっかけとなり、一時は命にかかわる状態になったという。

GACKTさんは8月、映画「翔んで埼玉」の続編への出演が発表されたばかりだった。

8日午後3時すぎ、GACKTさん本人のメッセージが発表された。

GACKT公式ウェブサイトより「GACKTです。みんな心配かけた。たくさんのメッセージありがとう。日本に帰ってきてから数日後に体調が急変し、悪化。意識がなかった時もあったようだけど、何年かに一度、起きてるやつ。まあ、慣れてるっちゃ慣れてる。ここ最近は起きてなかったから、調子よくなったのかなって思ってたんだけど。」

8月6日、アプリを通じて生配信した映像では、元気な姿を見せていたが、この直後、体調を崩したとみられる。

GACKT公式ウェブサイトより「今は、体重が10kgほど落ちたけど、安定しています。ただ、原因はわからないけど上手に声が出せません。」

現在、容体は安定したものの、重度の発声障害も起き、声を発することができないという。

幼いころからの神経系疾患がきっかけで陥ったという重い症状。
どんなことが考えられるのか。

眞田クリニック・眞田祥一院長「幼少期からあった障害が、表向きは改善して隠れた状態になっているのが、今回出てきたと。表に出てきてしまったと思います。発声障害が起こっているときには、嚥下(えんげ)障害、物が飲み込みにくいということも起こってくるので、(10kg)やせてきたということもわかると思う」

歌手活動を行ううえで、健康や体形維持には、人一倍気を配っていたGACKTさん。

GACKTさんは今後、主治医がいる海外へ戻り、精密検査のあと、活動再開に向けて治療に専念する予定だという。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース