滑走路逸脱トラブル 重大インシデント認定


航空自衛隊岐阜基地で、哨戒機が滑走路を逸脱したトラブルで、8日午後、運輸安全委員会が調査に入り、機体の状況やタイヤの跡などを調べた。

滑走路を逸脱したのは、川崎重工業が製造した「P1」哨戒機。

7日午後4時ごろ、海上自衛隊に引き渡す前のテスト飛行で着陸する際、滑走路を外れた。

哨戒機に乗っていた隊員ら10人にけがはなかったが、国土交通省は、事故につながりかねない「重大インシデント」に認定している。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース