自民総裁選“出馬”巡り…高市氏・岸田氏・河野氏・石破氏 8日の動きと発言

政治・外交


自民党総裁選挙をめぐる動きが激しくなっている。

高市前総務相が正式に出馬を表明する一方、河野規制改革担当相は、安倍前首相に出馬する考えを伝えるなど、出馬に向けた調整を進めている。

高市前総務相「日本を守る責任と未来を開く覚悟を持って、ここに自民党総裁選への立候補を表明いたします」

高市氏は、8日午後の出馬会見で、日本経済強靱(きょうじん)化計画=「サナエノミクス」の3本の矢で、日本経済を立て直すとして、金融緩和、緊急時の機動的な財政出動、大胆な危機管理投資・成長投資に取り組む考えを表明した。

さらに、ロックダウンを可能にする法整備の検討を早急に行う考えを示した。

出馬を表明している岸田前政調会長は、「わたしの経済政策、ひと言でいうのならば、小泉改革以降の新自由主義的政策を転換するということ」と述べ、新たに経済政策を発表した。

そして、中間層の拡大に向け、子育て世帯の教育費や住居費支援を強化する「令和版所得倍増計画」を打ち出した。

出馬に向けて調整を進めている河野規制改革担当相は、8日午後、安倍前首相の議員会館の事務所を訪問した。

関係者によると、河野氏は安倍氏に、「総裁選に出馬させていただきます」と伝え、「ご懸念には及びません」と述べたという。

河野規制改革相「いずれ、原子力(発電)もなくなっていくと思う。ただ、あす、来年やめろというわけではありません」

河野氏は記者団に対し、原発の再稼働について、「安全が確認されたものを再稼働するのは、カーボンニュートラルを目指すうえで、ある程度、必要なものはあるだろう」と容認する考えを示した。

一方、対応が注目される石破元幹事長は、8日午後、自民党本部で二階幹事長と会談した。

石破元幹事長「ごあいさつ(に来ました)」、「(白紙という立場に変わりはないか?)それは全く変わりはない」

自民党総裁選は、17日の告示に向け、動きが激しくなっている。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党