高齢者の死亡 ワクチン接種で約8400人抑制 7月から8月 厚労省が試算


厚生労働省は、新型コロナウイルスのワクチン接種によって、高齢者の死者が、およそ8,400人少なく抑えられた可能性があるとの試算を公表した。

厚労省は、ワクチン接種が行われなかった場合の感染者数などを推定し、実際の感染者数や死亡者数などと比較した。

その結果、ワクチン接種の効果により、65歳以上の高齢者について、7月から8月に、死者は最大でおよそ8,400人、また感染者は10万人以上少なく抑えられた可能性があるという。

厚労省は、「ワクチンの効果が十分あった可能性があり、大きな意味がある。今後も接種を進めていきたい」としている。

全国のワクチン接種の進み具合について、全ての世代を対象とした数値を見ていく。

8日に公表されたワクチンの総接種回数は、7日の数字よりも、およそ187万回以上増え、1億3,909万回を超えた。

続いて接種率。

1回目の接種を終えた人の割合が、7日から0.9ポイント増えて60.9%。

そして、2回目の接種まで完了した人の割合が0.7ポイント増え、49.0%となった。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース