IOC 北朝鮮に資格停止処分 東京大会不参加は「五輪憲章違反」

国際・海外 東京2020


IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は、東京オリンピックに参加しなかった北朝鮮に資格停止処分を科すと明かした。

IOCは8日、東京大会閉幕後、初めて理事会を開き、東京オリンピック・パラリンピックへの不参加を一方的に決めた北朝鮮が、オリンピック憲章に違反したとして、資格停止処分を科すことを決めた。

期間は2022年末までで、北朝鮮は期間中、IOCの支援を受けられないほか、2022年に北京で開催される冬季オリンピックに参加できなくなった。

(FNNプライムオンライン9月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京五輪・パラリンピック 五輪 オリンピック