JAL 3000億円資金調達 経営基盤の強化と新規事業

経済・ビジネス


日本航空は、3,000億円程度の大規模な資金調達を行う方針を固め、10日に詳細を発表する方針。

日本航空は、新型コロナウイルスの感染拡大で航空需要の低迷が続く中、財政基盤の強化などを目的にメガバンク3行などから、劣後ローンなどで、3,000億円程度の大規模な資金調達を行う方針を固めた。

10日、手続きが整い次第、詳細を発表する方針。

日本航空は、新型コロナの長期化をふまえ、早めの追加資金を行い、新たな資金調達で、経営基盤の強化とともに、新規事業などについて確実な実施を目指す方針。

(FNNプライムオンライン9月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース