「悪と結論ありき」 “実刑”秋元被告会見


IR(統合型リゾート)汚職で実刑判決を受けた、衆議院議員の秋元司被告(49)が、判決を批判。

秋元司「本当に今回の判決は信じられない。1審判決は、秋元は悪であると、結論ありきだったと言わざるを得ず、到底承服できません」

また、秋元被告は「高等裁判所において審判を仰ぐ」と、あらためて無罪を主張し、衆議院選挙については「準備をしている」と述べ、出馬の意欲を示した。

秋元被告は、IR汚職をめぐり、収賄と証人買収の罪に問われ、7日、懲役4年などの実刑判決を言い渡された。

その後、保釈され、即日控訴している。

(FNNプライムオンライン9月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース