共生社会実現を ユニバーサルデザインが広げる可能性

経済・ビジネス


働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

共生社会の扉を開くデザインの力に迫った。

さまざまなハンディを克服しながら人間の可能性を追求したパラリンピック。

その開会前、大会で使われるある新型の設備が用意されていた。

開発メーカー「車いすの方の外出の機会を増やせないかということで、プロジェクトを発足させた」

神奈川県のとある場所。
パラリンピック会場での出番を待っていたのは、車のけん引やトレーラーで移動でき、さまざまなところに設置できるモバイルトイレ。

生活・住宅資材を提供するLIXILが自動車メーカーと協力して製作した。

狙いは、障害がある利用者の使いやすさを盛り込みながら、どこでも誰でも使えるトイレ。

蛇口は2つ。
便座横の蛇口は、その場で手を汚しても、どこにも触らず、すぐに手を洗えるために配置した。

中でも気を使ったというのが、車体の設計。

あまり力を使わなくてものぼれるように、スロープの勾配を抑えるため、車体を極力低くしている。

また、この一見、同じようなキューブ状の物体。

利用目的に応じて、さまざまな用途のトイレや授乳室などの空間に活用できる。

これは、多目的トイレでは利用が集中するため、機能を分散させることにより、障害などがあっても安心して外出しやすい社会を目指す考えを取り入れたもの。

LIXILがパブリックトイレの新たな在り方を提案している。

こうした共生社会を実現するための誰もが使いやすい製品は、個人の家にも広がろうとしている。

屋内側にリモコン制御の鍵のユニットと電動の開閉オープナーを後付けすることで、これまでの扉が内外から自動で開閉できる。

一部の扉を除き、ほとんどの戸建てや低層の集合住宅の今ある玄関扉が自動ドアにできるという。

障害者の利用以外にも、例えば荷物を抱えた状態で扉を押すことで、電動オープナーが動きを感知し、扉が自動で開く。

こうした製品開発の鍵となっているのが、ユニバーサルデザインという考え方。

LIXILは、2030年までに、全ての製品に反映させるという。

LIXIL CR室・長島洋子室長「年齢や障害の有無に限らず、文化や言語、体格や利き手など、さまざまな要素を考慮して、より多くの方が使いやすいデザインを目指そうとする、製品を使う全ての方々にとって、生涯にわたり使いやすいという考え方」

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース