フランス 学校での集団接種スタート 未成年も接種証明提示を義務付けへ

国際・海外


新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるフランスでは、新学期に合わせて、学校での集団接種が始まった。

パリ郊外の高校で9日、集団接種が行われ、全校生徒520人のうち、およそ100人がワクチンを接種した。

フランスでは、飲食店や商業施設を利用する際、ワクチンの接種証明などの提示が義務づけられていて、9月末から、対象が12歳から17歳の未成年者に拡大される。

生徒「接種証明のためにワクチンを受けた。スポーツ活動をしたいので」

フランスでは、感染者の5人に1人が未成年者で、政府は、学校での集団接種を加速させる方針。

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース