小池知事「感染対策とのバランスが重要」 行動制限緩和について


東京都の小池知事は、行動制限の緩和について、「感染対策とのバランスが重要」とあらためて強調した。

小池百合子都知事「これから社会経済活動との両立というのは、いかにこの感染を抑えることと、バランスをとっていくかっていうのは、極めて重要な課題であります」

小池知事は、10日の記者会見で、行動制限の緩和について、ワクチン接種が進み、抗体カクテル療法という2つ目の武器がそろい、経口薬が今後期待されるなど、環境は日々変わってきているとして、それらを考慮しながら、どう経済を動かしていくのか、多くの切り口から判断していくことが必要との考えを示した。

一方で、緩和の時期については、「1日も早い方がいいにきまっている」と述べるにとどめた。

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース