“違反会食”教職員775人処分 大阪市と府の教育委員会


大阪府と大阪市の教育委員会は、新型コロナウイルス感染対策のルールに反する会食をしていた、教職員あわせて775人を処分した。

大阪市教育委員会は、2021年3月から4月にかけ、教職員など322人がルールに反する会食を行っていたとして、戒告などの処分を行った。

5人以上の会食が293人で、最も人数が多かったのは、小学校の卒業式後の20人だった。

大阪市教育委員会によると、対象には校長も含まれていて、その1人は、「認識が不十分だった」と話しているという。

また大阪府教育委員会でも、要請に従わず、5人以上での会食をした教職員453人に処分を行った。

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース