トヨタ 40万台追加減産 感染拡大と部品不足


トヨタ自動車は、東南アジアでの感染拡大で部品の調達が滞っていることなどから、9月、すでに36万台の減産を決めていたが、現地の感染の長期化などから、およそ40万台を追加で減産すると発表した。

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース