米政権 ワクチン接種か検査を義務づけ 従業員100人超の企業に

国際・海外


アメリカのバイデン大統領が、従業員100人以上の企業に対して、接種や検査を義務づける方針を発表した。

バイデン大統領「ワクチン接種は個人の自由の問題ではない。自分や周りの人を守るためのものだ」

バイデン大統領は9日、従業員100人以上の企業に対し、従業員への新型コロナウイルスワクチンの接種、または少なくとも週に一度のウイルス検査を義務づける緊急措置を発表した。

違反した場合、企業に対して1件につき最大1万4,000ドル、日本円でおよそ154万円の罰金を科すことを検討しているという。

バイデン大統領は具体的な発効時期に言及しなかったが、対象者はおよそ1億人になるとしている。

(FNNプライムオンライン9月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース