アメリカ同時多発テロから20年 日本人含む約3000人犠牲

国際・海外


アメリカの同時多発テロから、11日で20年を迎える。

バイデン大統領は、ビデオメッセージで、国民に「今こそ団結する時だ」と呼びかけた。

アメリカのバイデン大統領「結束こそが、わたしたちの最大の強みだ。それが、わたしが9.11から得た一番の教訓だ」

2001年に起きた同時多発テロでは、テロリストにハイジャックされた旅客機が、次々と建物に突入し、日本人24人を含むおよそ3,000人が犠牲となった。

グリーン駐日臨時代理大使も、ビデオメッセージを公開し、日本の消防士が、現地での捜索・救助活動に参加したことに触れて、“日本の変わらぬ友情に心より感謝します”と述べた。

(FNNプライムオンライン9月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース