【速報】非常に強い台風14号 石垣・宮古全便欠航 停電も 13日にかけ東シナ海北上


非常に強い台風14号は、沖縄・八重山地方の西の海上を北上していて、気象庁は、暴風や高波に厳重な警戒を呼びかけている。

現在、強風域に入っている、石垣島から中継でお伝えする。

石垣市では、街路樹が風にあおられて大きく揺れるなど、12日朝から断続的に強い風が吹きつけていて、こちらのホテルでは、物が飛んでぶつからないように、防護ネットを張って対策をしている。

この台風の影響で、石垣空港と宮古空港を発着する便は、12日は全便欠航となっていて、午後5時の時点で、石垣市内では、20戸が停電している。

また、12日の昼前に暴風域に入った与那国島では、午前11時8分に、45.4メートルの最大瞬間風速を観測した。

台風は次第に遠ざかりつつあるが、八重山地方では、うねりをともなう猛烈なしけとなっていて、気象台は、高波や高潮に警戒するよう呼び掛けている。

台風14号の今後の進路。

13日にかけて東シナ海を北上して、しばらく中国沿岸部あたりで停滞する。

その後、金曜日ごろからは偏西風の影響を受けて、向きを東に変える見込み。

現在のところ、予報円が大きく、台風がどこに進むか、まだ正確には定まっていないが、週末には、台風が再び日本に近づく可能性がある。

今後の情報に、十分に注意が必要。
 

(FNNプライムオンライン9月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース