イラン核施設 監視カメラによる記録継続で合意 強硬派新政権とIAEA

国際・海外


IAEA(国際原子力機関)のトップが、イランを訪問し、監視カメラによる核施設の記録を継続させることで、イラン側と合意した。

IAEAのグロッシ事務局長は12日、反米保守強硬派のライシ政権が発足して以来、初めてイランを訪問し、核査察問題をめぐって、エスラミ原子力庁長官らと会談した。

会談後の共同声明によると、核施設の監視カメラの記録媒体の交換は認められ、記録継続は可能となったが、記録媒体はこれまで同様、イランで保管されることになり、依然として核開発の全容把握は、難しい状況が続くことになる。

グロッシ長官は、近く再びイランを訪問し、協議を続ける方針。

(FNNプライムオンライン9月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース