最年少三冠へ叡王戦5局対局スタート 藤井二冠のおやつは…


将棋の藤井聡太二冠が、史上最年少での三冠に向けて、叡王と竜王のタイトルを持つ豊島将之二冠に挑む「叡王戦」五番勝負の第5局が、東京の将棋会館で始まった。

「叡王戦」五番勝負第5局は、振り駒の結果、藤井二冠の先手で13日午前9時から始まった。

緊張感がある中、序盤はテンポ良くお互いが指し、13日午前11時40分現在も白熱した対局が続いている。

藤井二冠が豊島叡王に挑戦する叡王戦は、交互に勝利する展開の2勝2敗で、第5局に藤井二冠が勝てば、羽生善治九段の記録を28年ぶりに更新し、史上最年少となる19歳1カ月での三冠となる。

持ち時間は各4時間で、2人は午前のおやつをとって対局に臨んでいて、13日夜には決着が着く見通し。

(FNNプライムオンライン9月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース