立憲民主・枝野代表「差別のない社会」 衆院選に向け政策 選択的夫婦別姓など法整備目指す


立憲民主党は、衆議院選挙に向けた政策として、選択的夫婦別姓制度や同性婚を可能にする法制度の実現を目指すと発表した。

立憲民主党・枝野代表「多様性を認め合い、『差別のない社会』へということで、1つ目に、私自身のライフワークでもある、選択的夫婦別姓を早期に実現をいたします」

立憲民主党は、多様性に関わるテーマの政策をまとめた。

この中では、選択的夫婦別姓制度のほか、性的マイノリティーへの差別解消を図るLGBT平等法、同性婚を可能にする法制度の実現などを目指すとしている。

また、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷を含む、あらゆる差別に対応する国内人権機関の設置にも取り組むとしている。

(FNNプライムオンライン9月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース