名神高速で多重事故 運転手を逮捕 愛知・一宮市


警察によると、13日午後2時半ごろ、愛知・一宮市の名神高速上り線で、大型トレーラーが前を走っていたトラックに追突し、はずみであわせて4台がからむ玉突き事故があった。

この事故で、追突されたトラックの運転手で、40代くらいの男性が意識不明の重体。

警察は、最初に追突した大型トレーラーの運転手で、滋賀県の会社員・中嶋章一容疑者(39)を、過失運転致傷の現行犯で逮捕した。

中嶋容疑者は、「工事現場の方を脇見して追突してしまった」などと供述している。

(FNNプライムオンライン9月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース