新型コロナ 東京 2カ月ぶり700人下回る 全国4171人


緊急事態宣言の延長初日、全国では4,171人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。

東京都では13日、611人の感染が確認された。

感染者が700人を下回るのは、7月12日以来、およそ2カ月ぶり。

また、12人の死亡が確認され、うち3人は自宅療養中だった。

30代の女性は、8月17日に陽性が判明し、持病はなく、軽症と判断され自宅療養となった。
しかし、4日後に容体が急変し、病院に搬送されたが死亡した。

また、関係者によると、40代の男性は勤務先で療養中、連絡がつかず、保健所が同じ住所の勤務先と住居のうち、住居のみを訪問したため、接触できず死亡したという。

都内で自宅療養中に亡くなった人は、8月以降、あわせて39人となっている。

一方、全国では4,171人の感染と50人の死亡が確認された。

(FNNプライムオンライン9月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース