日経平均株価 ことし最高値を更新 31年ぶり高値水準

経済・ビジネス


日経平均株価が、2021年の最高値を更新し、およそ31年ぶりの水準となった。

14日の東京株式市場は、取引開始直後から、新政権への期待感に加え、ワクチンの2回目接種が進んでいることなどを受け、幅広い銘柄に買い注文が広がった。

平均株価は、一時3万800円に迫り、取引時間中の2021年の最高値を更新した。

これは、1990年8月以来、31年1カ月ぶりの高値水準。

市場関係者は、「ワクチン接種の進展とともに、新規感染者数が減少傾向を見せていることが経済の正常化への期待を強めている」としている。

14日の終値は、13日より222円73銭高い、3万670円10銭で、終値としても、2021年の最高値を更新している。

(FNNプライムオンライン9月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース