日大・田中理事長 資金流出への関与否定 附属板橋病院の工事めぐる背任


日大付属板橋病院の建て替え工事をめぐる背任事件で、東京地検特捜部が14日、日本大学の田中英寿理事長から任意で事情を聴いていたことがわかった。

日大付属板橋病院の建て替え工事の設計契約をめぐっては、日大理事の男性が、大学側の資金を、知人が理事長を務める医療法人グループ側に流出させた疑いがあるとみられている。

関係者によると、14日、特捜部は日大の田中英寿理事長から任意で事情を聴き、田中理事長は、資金流出への関与を否定したという。

特捜部は9月8日、日大本部のほか、関連会社「日本大学事業部」や田中理事長の自宅などを家宅捜索していて、資金の流れを調べている。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース