航行時の様子 同乗者が撮影 猪苗代湖8歳死亡ボート事故


2020年9月、福島県の猪苗代湖で、航行中のボートに巻き込まれ8歳の男の子が死亡した事故で、同乗した複数の関係者が、航行時の様子を撮影していたことがわかった。

業務上過失致死傷の疑いで逮捕されたのは、東京・中央区の会社役員・佐藤剛容疑者(44)。

佐藤容疑者は2020年9月6日、会津若松市の猪苗代湖で、水上オートバイで遊ぶため、ライフジャケットを着けて湖面に浮いていた男女4人を大型ボートで巻き込み、当時8歳の豊田瑛大くんを死亡させ、2人に重傷を負わせた業務上過失致死傷の疑いが持たれている。

関係者などによると、佐藤容疑者は知人など10人を乗せ、ボートを操縦していて、複数の同乗者が、事故前後の航行の様子を撮影していたとのこと。

警察では、撮影された動画などを解析したほか、関係者からの証言を重ね、容疑を裏づけたもので、午後に佐藤容疑者を検察に送り、くわしく調べを進めることにしている。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース