自宅アパート放火疑いで捜査も 佐賀・鳥栖市 高齢女性殺害で男逮捕


大学生の男が佐賀・鳥栖市の住宅で、高齢女性の頭を鈍器で殴り殺人容疑で逮捕された事件で、犯行前日、男の自宅アパートでボヤがあり、警察が放火の疑いで捜査していたことがわかった。

この事件は9月10日、佐賀・鳥栖市の住宅の敷地内で、大塚千種さん(79)の頭部などを鈍器で複数回殴り、殺害したとして、長崎大学薬学部4年・山口鴻志容疑者(25)が14日、殺人の疑いで逮捕されたもの。

犯行の前日、長崎市内の山口容疑者の自宅アパートでボヤ騒ぎがあり、警察が放火の疑いで捜査していたことがわかった。

近所の人「大家さんが(容疑者と)携帯に連絡が取れないと言っていた。連絡が取れないっておかしいなと、まさかその人が」

山口容疑者は、この日に長崎市から福岡市の博多にJRで移動して宿泊、犯行当日にタクシーで鳥栖市へ移動したという。

警察は15日、山口容疑者の身柄を送検し、くわしく調べている。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース