1日1校に貸し切り天望デッキ 東京スカイツリー


感染拡大で県をまたぐ移動の自粛が呼びかけられる中、東京スカイツリーが小学校などを対象にした、貸し切り営業を始めている。

これは、営業時間前の天望デッキを貸し切れるというもので、15日は、地元・墨田区の小学6年生が早速眺めを楽しんでいた。

事前に予約をすると、専属のガイドがツリーの構造を説明してくれる。

児童は「みんなで集まってやるのは、すごく久しぶりかなって思います」と話した。

墨田区立第一寺島小学校・森村聡彦校長「外へ出て校外学習がなかなできないので、今回こちらの企画を知りまして、ぜひ参加させていただきたいと」

都内の小・中学校と高校が対象で、スカイツリーは「少しでも学校生活の思い出を作ってもらう機会になれば」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース