北の狙いは? 韓国を威嚇か 北朝鮮が弾道ミサイル2発

国際・海外


北朝鮮が15日、弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射した。

最新情報と北朝鮮の狙いについて、ソウル支局から渡辺康弘支局長が中継でお伝えする。

韓国軍によると、今回発射されたミサイルは飛行距離がおよそ800km、高度は60kmに達したという。

韓国軍によると15日午後、北朝鮮中部の内陸一帯から、日本海に向けて弾道ミサイル2発が発射された。

日本政府は、ミサイルは日本のEEZ(排他的経済水域)の外に着弾したとしている。

韓国メディアは、国防省当局者の話として、「2021年3月に発射された短距離弾道ミサイルと同じと推定される」と報じている。

また、北朝鮮は13日、新型の長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと発表している。

立て続けにミサイルを発射した北朝鮮だが、そのタイミングが注目される。

実は韓国は9月、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の水中発射試験に成功していて、最終発射試験が間近に迫っていた。

北朝鮮もSLBMの開発を進めているが、先を越された形で、最終試験直前のタイミングでミサイルを発射することで、兵器開発を進める韓国を威嚇する狙いがあるとみられる。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース