ワクチンの浮遊物「問題ない」 ファイザー製で相次ぎ報告


ファイザー社製ワクチンから相次いで見つかった、白い浮遊物について、厚生労働省などは、製品の成分によるもので、安全性に問題はないとの見解を明らかにした。

9月12日以降、神奈川県や大阪府などのワクチン接種会場で、ファイザー社製ワクチンから、白い浮遊物が相次いで見つかった。

厚労省などによると、ファイザー社製のワクチンでは、もともと製品の成分による白い浮遊物が見られることがあり、安全性には問題がないという。

生理食塩水で薄めて溶けた場合は接種が可能だということだが、溶けきれなかった場合は、使用を控えるように呼びかけている。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース