西友が「特別一時金」支給 来月3万人超対象に


現場の全従業員に特別一時金を支給する。

スーパー大手の西友は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、働く現場のすべての従業員に対して、特別一時金を10月15日に支給すると発表した。

店舗、物流センター、製造工場などに勤務するおよそ3万2,000人の従業員が対象で、総額3億5,000万円にのぼり、単純計算で1人1万円以上となる。

西友では、2020年も現場の従業員に対して特別一時金を支給していて、今回で2回目になる。

店舗は今後も通常営業を続け、ライフラインとしての役割を果たしていくとしている。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース