オーストラリア・メルボルン 反対デモの一部大荒れに リポーターの頭に中身が入っている缶直撃

国際・海外


オーストラリア・メルボルンの街にくり出したデモ隊。

一部では、もみ合いが起きた。

さらに、この現場にいたのは、現地の放送局のリポーター。

予想外のハプニングで、実況が続けられなくなってしまった。

まだ中身が入っている缶が直撃。

リポーターは頭にけがをした。

デモ隊は、さまざまな場所で抗議を続ける。

いったい、何に反対しているのか。

現地では23日から、建設作業員に対し、少なくとも1回目のワクチン接種を終えることが義務づけられ、これに対するデモが行われていた。

現地では、デルタ株による感染の拡大を受けて、ロックダウンが行われているが、デモは激しさを増している。

(FNNプライムオンライン9月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース