日銀の脱炭素促進制度 12月から開始 金融機関を支援

経済・ビジネス


日銀が、脱炭素に取り組む金融機関への支援を12月から開始する。

日銀は22日、金融政策決定会合を開き、金融機関による気候変動に対応した投融資を後押しする新たな資金供給策の規定を決定した。

対象の金融機関には、気候変動の取り組みの目標や戦略などについて、国際基準の情報開示を求め、12月下旬に運用を開始するとしている。

また、会合では、現在の大規模な金融緩和策を維持することも決めた。

国内の景気については、「引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」との判断を維持し、輸出や生産では、半導体不足などを念頭に「一部に供給の制約の影響を受けつつも、増加を続けている」とした。

(FNNプライムオンライン9月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース