自然に寄り添う家をつくる建築家 第32回高松宮殿下記念世界文化賞


シリーズでお伝えしている、第32回高松宮殿下記念世界文化賞、受賞者の横顔。

23日は、建築部門の受賞が決まったオーストラリアのグレン・マーカットさん(85)。

グレン・マーカットさんは、個人住宅を中心に、多くの作品を手がけてきた。

シドニーで建築を学び、1969年に個人事務所を開設。

「妥協のない仕事」をするため、事務所にはスタッフを置かず、1人で活動を続けている。

グレン・マーカットさん「私は、鉛筆をあちこちに押し当て、風はどこから吹き、太陽の光はどこから入るのかをいつも分析しています」

コンピューターを使わず、鉛筆1本で設計に取り組むマーカットさん。

出世作の「マリー・ショート邸」は、高床式の家屋で、日差しや風の向きなどを調節できる構造になっている。

作品はすべてオーストラリアにあり、自然と調和した持続可能な生活空間を生み出している。

グレン・マーカットさん「オーストラリアの風景は、私にとって非常に重要です。その風景へのダメージを最小限にしたいと思っています。景観に逆らうのではなく、景観とともに取り組むことが、とても大切なのです」

マーカットさんは、住宅だけでなく「オーストラリア・イスラミックセンター」などの公共施設のプロジェクトにも携わり、国内外から高い評価を得ている。

2002年には、建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞。

オーストラリア初の世界文化賞受賞者。

「建物は作り出すものではなく、発見するもの」と語り、母国オーストラリアの大地を見つめながら、豊かな空間を提供している。

(FNNプライムオンライン9月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース