3回目接種は「原則自治体で」 「制限緩和」実験に13自治体参加意思表明


東京都で24日、新たに新型コロナへの感染が確認されたのは、235人。

250人を下回るのは、6月以来、およそ3カ月ぶりとなる。

減少傾向が続く中、河野規制改革担当相は3回目のワクチン接種、いわゆるブースター接種について、職場での接種は行わず、「原則自治体での接種になる」との考えを示した。

また、西村経済再生担当相は、行動制限の緩和に向けた実証実験について、13の自治体から参加の意思表明があったことを明らかにした。

(FNNプライムオンライン9月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース