コロナ禍 親の負担増 子育ての実態調査


コロナ禍で、子育ての負担が増えている実態が明らかになった。

民間企業が子育て世帯を対象に、新型コロナウイルスの流行による休園・休校についてのアンケート調査を実施し、350人余りから回答を得た。

調査に対し、全体の5割以上が、「休園・休校・分散登校があった」と回答し、そのうち7割以上の保護者が、「親の負担がとても増えた」と回答した。

また、負担の増加に対して、「睡眠時間を削って対応している」や「母親がすべての負担を負っている」といった回答も寄せられ、コロナ禍で子育ての負担が増えている実態が明らかになった。

(FNNプライムオンライン9月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース