富士山“初冠雪”あらためて発表 7日に観測も基準満たさず


甲府地方気象台は、富士山の初冠雪を観測したとあらためて発表した。

26日午後、甲府地方気象台は、2021年の富士山の初冠雪を観測したと発表した。

気象台は、9月7日に一度、初冠雪を観測したと発表していたが、初冠雪の定義が「1日の平均気温が最高となって以降、初めての冠雪を観測した日」となっていて、20日に2021年の最高気温が記録されたため、見直していた。

気象台によると、平年より6日、2020年より2日早い発表という。

(FNNプライムオンライン9月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース