菅首相 堀米選手とオンライン面会 堀米選手に予期せぬハプニング

政治・外交 スポーツ 東京2020


菅首相と東京オリンピックスケートボード男子ストリートの金メダリスト堀米雄斗選手(22)のオンラインでの面会で、予期せぬハプニングが起きた。

堀米選手「東京オリンピック、開催してくれてありがとうございます。スケボの良さをみんなに伝えられたので、開催してくれてすごく助かりました」

菅首相に、大会開催のお礼を述べた堀米選手だったが...。

堀米選手「(金メダルは手元にありますか?)あ、すみません。ちょっと」

メダルを取って戻ってきた堀米選手に、菅首相が祝意を伝えた。

菅首相「あらためて金メダル、心からお祝い申し上げます。若い世代が主役のこの新しいスポーツを後押しできてよかったと思っている。オリンピック開催できて、私自身も本当によかったと思う」

堀米選手は、拠点にしているアメリカ・ロサンゼルスから参加した。

(FNNプライムオンライン9月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース