メルケル氏所属政党 第1党から転落 後任選びは連立交渉で

国際・海外


ドイツのメルケル首相が所属する保守が、第1党から転落。

ドイツの総選挙は26日に投開票され、暫定開票の結果、社会民主党が25.7%で第1党となった。

メルケル首相が所属するキリスト教民主・社会同盟は24.1%で、第1党から転落した。

今回の選挙は、16年首相を務めたメルケル氏の後任を決めるもので、その結果に世界が注目していた。

メルケル首相の後任となる新しい首相は、今後の連立交渉で決まる見通しで、各党の主導権争いにより、交渉は難航するとみられている。

(FNNプライムオンライン9月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース