小室圭さん 3年2カ月ぶり帰国 長髪のままスーツ姿で一礼 眞子さまと来月にも再会へ


秋篠宮家の長女、眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが、約3年2カ月ぶりに帰国した。

小室さんが眞子さまと再会するのは、2週間の隔離期間が終わる10月12日以降になる見通し。

取材班のカメラが真っ先にとらえたのは、帰国直後のその姿。

記者「午後3時49分です。小室圭さんの姿が見えました。今、小室圭さんがボーディングブリッジを歩いてきました。職員とともに、ゆっくりとスーツ姿でこちらへと歩いてきています」

秋篠宮家の長女、眞子さまとの婚約が内定している小室圭さん。
アメリカ・ニューヨークからの直行便で成田空港に到着した。

報道陣の前で足を止め、穏やかな表情で深く一礼。
右手でキャリーバッグを引く小室さんは、黒いスーツに青いシャツ姿、長く伸びた髪を後ろで結んでいた。

約3年2カ月ぶりに帰国した小室さんは、ゲートを出ると検疫所へ。
新型コロナウイルスの検査など、入国に必要な手続きに向かった。

一時帰国のため、小室さんがニューヨークの空港に姿を見せたのは、日本時間の9月27日午前0時半ごろのことだった。

周囲を警察官らが警護する中、小室さんはブリーフケースを手に、やや緊張した面持ち。
保安検査に向かう際には、顔を上に向け会釈をする場面もあった。

関係者専用口から構内に入る直前には、報道陣に深く一礼。
その後、日本への便に搭乗した。

27日、横浜市内の小室さん宅前には、多くの警察官の姿があった。

周辺に住む女性「きょうはやっぱり、ちょっとざわざわしてるなと感じます。ここ最近増えてますよね、ちょっとおまわりさんがいるなと」

時間がたつにつれ、報道陣や警察官の姿が増え、慌ただしさが増していった。
そして、午後3時20分ごろ、小室さんが乗ったJAL機が成田空港に到着。

新型コロナウイルスの検査や入国審査などを終えた小室さんは、用意された車で移動。
午後5時ごろ、警護車両に先導されながら成田空港を出発した。

9月28日から14日間の隔離生活を自宅で過ごすとみられる。

隔離期間中の10月5日に30歳の誕生日を迎える小室さん。
眞子さまと3年2カ月ぶりに再会できるのは、隔離期間が明ける10月12日以降になるとみられる。

さらに、秋篠宮さまへのあいさつなど、結婚への準備を進めるとみられているが、お2人が婚姻届を提出するのはいつごろになるのか。

眞子さまは9月30日から10月17日まで、岐阜県で行われる国際陶磁器フェスティバルの名誉総裁に就任。
開会式にビデオメッセージを寄せられる予定。

これが皇族として最後の公務になる可能性があり、終了後の23日には30歳の誕生日を迎えられる。

フジテレビ社会部 宮内庁担当・宮崎千歳記者「眞子さまは陶磁器への関心が深く、この行事への名誉総裁としての参加は今回3回目になります。名誉総裁としての就任期間を皇族として全うされて、それ以降に婚姻届を提出して結婚されるのではないかと。その可能性が高いと思います」

結婚後には、お2人そろって記者会見を行う方向で調整が進められている。

尾を引いてきた金銭トラブルについて、小室さんがどう説明するのかなどに大きな関心が寄せられている。

フジテレビ社会部 宮内庁担当・宮崎記者「眞子さまのお誕生日までに(結婚)というよりは、そもそも当初からお2人がなるべく早い時期の結婚を望んでいて。あとは11月末に誕生日をお迎えになる秋篠宮さまが、記者会見の場で眞子さまが結婚されて新生活、ということについて考えを述べられる状況を整える。そういうことも期間として考えますと、10月中に結婚される可能性が高く、そこに向けて準備が進んでいると考えられます」

(FNNプライムオンライン9月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース