緊急事態下でバーベキュー マスクせず飲酒


肌寒い陽気となった週末。

しかし、東京・青梅市では、禁止されている、じか火でのバーベキューを行う若者たちの姿が。

さらに、マスクを着けずに飲酒をしている。

そして、その周りには、あちこちにごみが放置されていた。

また、神奈川・川崎市でも、条例で禁止されている場所で、バーベキューをする集団の姿があった。

全員外国人で、職場の同僚だという。

バーベキューが、この場所で禁止されていることを伝えると、帰り支度を始めた。

およそ20分後には、その場を立ち去った外国人たち。

ごみは、すべてしっかりと分別し、持ち帰っていった。

川崎市は、指定のバーベキュー場などを利用するよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン9月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース