東京都が認証の飲食店など 酒提供 午後8時までで調整


東京都は、都の認証を受けた飲食店などに対し、午後9時までの時短要請をしたうえで、酒の提供については午後8時までとする方向で調整している。

関係者によると、宣言が解除された場合、都は飲食店などに対し、現在午後8時までの時短要請を午後9時までに緩和したうえで、午後8時まで酒の提供を認め、人数は4人まで、期間は3週間程度で調整しているという。

対象となるのは、都の認証を受けた店舗だけで、1日2万5,000円の協力金を払うよう、調整が進められている。

一方で、都の認証を受けていない店舗には、酒の提供自粛と午後8時までの時短営業を要請する方針。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース