岸防衛相 体調不良で公務取りやめ 北朝鮮対応は“電話で指示”


防衛省は、岸防衛相が体調不良により、閣議など、28日の公務を全て取りやめると発表した。

防衛省によると、岸防衛相は、27日夜に発熱の症状があり、28日朝に東京都内の病院で検査を受けたところ、尿路感染症と診断されたという。

このため、大事をとって療養するため、閣議や記者会見をはじめ、28日の公務を全て取りやめた。

今後、体調が回復するまで自宅で療養する予定で、復帰の時期は未定。

北朝鮮が28日朝、弾道ミサイルの可能性があるものを発射したが、加藤官房長官は、岸防衛相の対応について、「電話で随時連絡が取れる状況にある。必要な指示は行われている」と強調した。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース